2010年11月17日

ICCATに向けての要望書


2010年の大西洋まぐろ類保存委員会(ICCAT)年次会合が11月19日からフランス(パリ)で開催されます。

促進会は、去る11月10日、ICCAT年次会合に向けての要望書を、我々漁業者および大西洋クロマグロ関係船の総意をもって、ICCAT日本政府代表である水産庁宮原審議官へ提出しました。

要望書で求めたのは、次の3点
1. 出漁各船が持続的かつ再生産可能な操業に充分な漁獲枠を確保すること
2. 資源解析において、最近の漁獲状況も考慮し、科学データを得るための周年調査操業等を実施すること
3. 世界最大の消費国の責任として、世界に率先した厳格な輸入管理体制を導入すること

私たち日本漁船は、ICCATの決定に基づき、諸外国に率先した資源管理をおこなってきました。今後も持続的な操業をおこなっていく為には、ICCAT加盟各国が取り決めを遵守することと合わせ、世界最大の消費国である日本の責任として厳格な輸入管理体制を早急に導入実施する事によって、消費国主導の資源管理を強力に推し進めていくことが不可欠と考えます。

操業各船からは、大西洋クロマグロ資源は大幅に改善しているとの実感が伝えられ、漁獲枠の増加を求める声が多く、一方、クロマグロの産卵域である地中海での巻網漁船の操業を大幅に規制すべきだとの意見も多数寄せられました。

促進会では、全国の漁業者そして沖合い各船からのご意見・ご要望を力とし、ICCAT会議に向けて働きかけをおこなってまいります。

  

Posted by 促進会 at 19:05促進会本部

2010年11月17日

船員就業フェアin 気仙沼!


本日14時より、気仙沼市水産振興センターに置きまして、第三回船員就業フェアin気仙沼 2010就職面接会が開催されます。

将来の幹部候補生!私たちとともに、マグロ漁業の新たな未来を造り上げる仲間を発掘するため、気合いいれて面接に臨みたいと思います!
m(__)m
  

Posted by 促進会 at 14:11宮城北かつ経営研究委員会

2010年11月17日

会長挨拶 m(_ _)m


全国鰹鮪近代化促進協議会(促進会)会長の勝倉宏明です。


この度、我々かつお・まぐろ漁業者の情報発信の場として、ブログを開設いたしました。



世界中で活動している我々遠洋漁船の状況や国際機関の動き、資源管理や諸規制の問題、そして今世界で起こっているタイムリーな情報などに加えて、日本全国の遠洋かつお・まぐろ漁業基地の話題などもお伝えしていきたいと思います。


今後とも宜しくお願い致します。



  

Posted by 促進会 at 12:39促進会本部