2012年01月30日

なにやってんだ気仙沼!!


今日の気仙沼港です。

依然、岸壁も壊れたまま…
まもなく震災から1年が経つというのに、気仙沼の港はまったく手が付けられていない状態です。

ここは本当にあのみなとまち気仙沼なんでしょうか??

昨年は全国から集まってくれた沢山の漁船のお蔭で、カツオ水揚げ日本一に輝きました。

ビットも無い、陸電も無い、岸壁も穴が開いたまま、地盤沈下もしているその状態で、今年も全国から来ていただく漁船たちを受け入れるつもりなんでしょうか??

みなとまちの心意気ってなんなんですか??

6mの防潮堤でまち全域を囲うって??
港再生や加工団地の再建、高台移転の話の前に、なんでコンクリートの塊の話が先に出てくるんですか??
そんなモノつくって海や漁船と決別しろって言うんですか??

いったい裏で動かしてんのは、どこのどいつなんだ??

まちの行政に、漁業を知らない人間たちに、このままこのまちの未来を任せていて本当に良いのでしょうか??

行政主導のまちづくり?

非常に疑問を感じるこの頃です。
  

Posted by 促進会 at 16:58促進会本部