2010年11月28日

ICCAT通信



メバチ 採択


今後4年間の包括的で詳細な管理を提案したメバチ案がコンセンサスを得られませんでしたが、2010年の枠組みが次の点が変更になり1年間延長で合意になりました。

TACは85000トン
Catch Limitは 日本23,611、台湾15,583、中国5,572、韓国1,983 等々。今年の超過分を全体で一律に削減です

日本から中国に3,000トン、韓国に800トンの漁獲枠が移譲されました。(2011年)

隻数制限は、台湾75隻、韓国16隻、フィリピン10隻
韓国の隻数は12隻で提案されたものが、最後ドサクサ紛れの韓国代表の要求によって、16隻で採択です。

日本代表からは800トンの移譲は2011年限りだぞと異論を促す発言もありましたが、他に意見が出ず採択になってしまいました。


これから PA-2 クロマグロ のセッションです。
やっと、西クロマグロの提案がまとまったようです。


同じカテゴリー(促進会本部)の記事画像
労使懇談会が行われました
漁業就業支援フェア(福岡会場)
漁業就業支援フェア2015
漁業就業支援フェア2015
東京海洋大学 馬場先生による講演会
労務問題検討会(H25.12.13)の結果について
同じカテゴリー(促進会本部)の記事
 ふざけんなよグリンピース!!! (2016-01-28 11:29)
 これが太平洋クロマグロ激減の理由! (2015-06-19 09:51)
 漁業就業支援フェア(東京会場)が開催されます (2015-03-20 11:28)
 労使懇談会が行われました (2015-03-20 11:26)
 漁業就業支援フェア(福岡会場) (2015-03-20 11:14)
 漁業就業支援フェア2015 (2015-02-17 15:19)


削除
ICCAT通信