2011年10月10日

いざCCSBT!!


あの忌まわしき日からようやく5年が経とうとしている。

ミナミマグロ保存委員会、通称CCSBT。


5年前のあの日、私たち日本の漁業者はミナミマグロ資源の保護という名のもとに、我が国のはえ縄漁業だけをターゲットにされ、加盟国すべての責任を取らされたかたちとなった。

漁獲枠を1KG も削減したくない豪州は、自国の漁業管理がしっかり出来ていないにもかかわらず、我が国代表団に対し、日本のはえ縄漁業のさらなる漁獲管理と漁獲枠の半減を強要し、結果日本はそれをすべて呑まされるかたちとなった。

日本の水産庁は私たち日本の漁業者に対し、6065tの漁獲枠を5年間3000tに半減するよう指示したはずだが、なぜかその正式記録すら残されていない。

あの会議はいったいなんだったのだろうか?
なぜ私たち日本の漁業者だけがこんなにも締め付けられなくちゃならないのか?

自国の利益だけを追求する諸外国と、穏便にすませようとする日本側の責任者??



私たち日本の漁業者はこの5年間を必死に耐えしのいだ。
この5年間、どのくらいの友人たちが廃業していったことか。


まもなく日本時間の11時から本会議が始まる。

5年間の約束が果たされる日。

グレーなマグロを輸出する国と、そのマグロを輸入し続ける国…

もう我慢など絶対にしない。

日本の代表団には、日本人としての責任そして自覚をもって、本会議にのぞんでもらいたい。



CCSBTのホームページはこちらです。
http://www.ccsbt.org/site/index.php


同じカテゴリー(促進会本部)の記事画像
労使懇談会が行われました
漁業就業支援フェア(福岡会場)
漁業就業支援フェア2015
漁業就業支援フェア2015
東京海洋大学 馬場先生による講演会
労務問題検討会(H25.12.13)の結果について
同じカテゴリー(促進会本部)の記事
 ふざけんなよグリンピース!!! (2016-01-28 11:29)
 これが太平洋クロマグロ激減の理由! (2015-06-19 09:51)
 漁業就業支援フェア(東京会場)が開催されます (2015-03-20 11:28)
 労使懇談会が行われました (2015-03-20 11:26)
 漁業就業支援フェア(福岡会場) (2015-03-20 11:14)
 漁業就業支援フェア2015 (2015-02-17 15:19)


削除
いざCCSBT!!