2010年11月22日

ICCAT通信



きのう21日(日)の夜、フランス・パリに到着。今日、月曜日からICCAT会議に出席です。


最終日まで、会場からICCAT通信をお知らせします。日本とは8時間の時差があるので、更新は日本の夕方から夜になると思います。

東大西洋クロマグロの漁獲枠13,500tがどうなるのか?これが最大の関心事ですが、 サメ類の規制は? メバチ・メカジキの漁獲枠は? 巻網・蓄養マグロにたいしての規制強化は? 違反や過剰漁獲の国に対するペナルティーは? 消費国主導の資源管理・貿易措置にまで踏み込めるか? 等々 課題はたくさんあります。

会議が動き出すのは日程の後半からだと思います。よい結果が得られるように、注意深く見守り、働きかけをおこなっていきます。

勝倉宏明



同じカテゴリー(促進会本部)の記事画像
労使懇談会が行われました
漁業就業支援フェア(福岡会場)
漁業就業支援フェア2015
漁業就業支援フェア2015
東京海洋大学 馬場先生による講演会
労務問題検討会(H25.12.13)の結果について
同じカテゴリー(促進会本部)の記事
 ふざけんなよグリンピース!!! (2016-01-28 11:29)
 これが太平洋クロマグロ激減の理由! (2015-06-19 09:51)
 漁業就業支援フェア(東京会場)が開催されます (2015-03-20 11:28)
 労使懇談会が行われました (2015-03-20 11:26)
 漁業就業支援フェア(福岡会場) (2015-03-20 11:14)
 漁業就業支援フェア2015 (2015-02-17 15:19)


削除
ICCAT通信