2010年11月27日

ICCAT通信



最終日を前にして・・


メカジキとサメが決着

サメ類のヨゴレが全数放流、アオザメの報告義務とデータ収集で採択
シュモク、ニシネズミ、マオナガの提案については、コンセンサスがえられませんでした。

メカジキは、ほぼ現行のクオータどおり。 日本枠842トン
繰越分のうち、日本からモロッコに若干のトランスファーあり。

東クロマグロ、メバチについての最終案・シナリオが固まりました。
明日の本会議に提出されます。内容については、まだ極秘です・・・

西クロマグロについては、調整が難航している模様。



同じカテゴリー(促進会本部)の記事画像
労使懇談会が行われました
漁業就業支援フェア(福岡会場)
漁業就業支援フェア2015
漁業就業支援フェア2015
東京海洋大学 馬場先生による講演会
労務問題検討会(H25.12.13)の結果について
同じカテゴリー(促進会本部)の記事
 ふざけんなよグリンピース!!! (2016-01-28 11:29)
 これが太平洋クロマグロ激減の理由! (2015-06-19 09:51)
 漁業就業支援フェア(東京会場)が開催されます (2015-03-20 11:28)
 労使懇談会が行われました (2015-03-20 11:26)
 漁業就業支援フェア(福岡会場) (2015-03-20 11:14)
 漁業就業支援フェア2015 (2015-02-17 15:19)


削除
ICCAT通信