2010年11月28日

ICCAT通信



東クロマグロ 採択


12,900トン

2010年の13,500トンから600トンの削減で決まりました。

Quotaは、日本1097.03トン
EU7,266.41、モロッコ1223.07、チュニジア1017.56、リビア902.66、トルコ535.89、クロアチア376.01、アルジェリア138.46、韓国、77.53、エジプト64.58、台湾39.75、中国36.77、シリア32.33、アルバニア32.33、アイスランド29.82、ノルウェー29.82


蓄養・巻網漁業へのガチガチの規制強化策もパッケージでの採択です

日本代表は、今回の決定をふまて国内法改正をすすめ、輸入管理強化に乗り出す方針と話してます。



これで、全ての日程終了です

会場にはマスコミ関係者が大勢押しかけて、大混乱になってます。


写真: 記者団に囲まれる日本代表宮原審議官



同じカテゴリー(促進会本部)の記事画像
労使懇談会が行われました
漁業就業支援フェア(福岡会場)
漁業就業支援フェア2015
漁業就業支援フェア2015
東京海洋大学 馬場先生による講演会
労務問題検討会(H25.12.13)の結果について
同じカテゴリー(促進会本部)の記事
 ふざけんなよグリンピース!!! (2016-01-28 11:29)
 これが太平洋クロマグロ激減の理由! (2015-06-19 09:51)
 漁業就業支援フェア(東京会場)が開催されます (2015-03-20 11:28)
 労使懇談会が行われました (2015-03-20 11:26)
 漁業就業支援フェア(福岡会場) (2015-03-20 11:14)
 漁業就業支援フェア2015 (2015-02-17 15:19)


削除
ICCAT通信