2011年09月15日

気仙沼市の建築制限…


今朝方、水揚最中の気仙沼魚市場に顔を出した。

久しぶりに見る同級生や先輩方…

「おー!久しぶりだな!」「頑張ってんな!」

「珍しいね!」「何しに来たの?(笑) 冗談!冗談!」


「その後はどうよ?」

「うちの新しい事務所? 魚市場の屋根下だよ!」

「復旧?まだまだ全然だよ!」

「いい加減にしてもらいてーよ!」


「見てくれよ!市場はもうパンク寸前だよ!」

「うちの優秀な若い従業員、シビレ切らしてどっかに行っちゃったよ!」

「最近、辞めた閉めたの話ばかり!」


「頼むから早く工場の再建させてくれよ!」

「この建築制限どうにかなんないのかね?」

「見てくれよ。魚市場も冠水してこの通りだよ!」

「かさ上げ、高台移転の話、いったいどこに行っちゃったんだよ!」




気仙沼市は、市民そして地元企業に対し、今後の復旧・復興の計画は依然示していない。そして甚大な津波被害を受けた沿岸地区、特に気仙沼市の基幹産業である水産加工業、水産関連企業のほぼ9割が集中していた地区に対しては、依然建築制限をかけ続けている。 

先日の地元新聞記事を見ると11月に再延長、最長2年の制限延長もある?などと言う文字も見える。

かさ上げ? 区画整理事業? 復興推進区域?

市場を一歩出るとこのありさま。


なんだそれ???
ホントに判ってんの?
そんなもの待ってる場合?

まずは住むところを優先に作業を行う!

何言ってんの! 仮設住宅の建築だって一番遅いの気仙沼なんだよ!

解雇された多くの市民たちはまもなく失業保険も切れるんですよ!

働く場所がないと、家の再建すら出来ないんですよ!




震災以前、気仙沼市は県内でも特に個人所得の少ない地域であった…

共働きがほとんどだった人たちに、どうやって家の再建を行えって言うのか?

このままいつまでも国におんぶしてていいんですか?

自立しようとする企業や市民を、いつまでもそのままに放置するんですか?

日に日に希望は絶望へと変わっていってる現実…

職を持っている、働く場所のある人たちには到底わかりはしないでしょう。


いまだ地元優先を謳う気仙沼市と地元建築土木業界…

100%の力を出したって無理なんだから、いい加減、素直に外部の力も受け入れて、1000%の力で作業をすればいいんじゃない?そうすれば一日でも早く復旧が進むんじゃない?

一日幾らで仕事してたら、それこそ金儲けのための復興になっちゃうんじゃない?

いったいこのまちの行く末はどうなってしまうんだろう?


同じカテゴリー(宮城北かつ経営研究委員会)の記事画像
食育授業
「気仙沼の魚を学校給食に普及させる会」 
第78昭福丸の船内見学
第十八昭福丸体験乗船(^^)/
気仙沼 マグロの寄贈&直売会のお知らせ 
気仙沼漁師カレンダー2014発売!
同じカテゴリー(宮城北かつ経営研究委員会)の記事
 食育授業 (2014-12-03 13:26)
 「気仙沼の魚を学校給食に普及させる会」  (2014-09-03 14:52)
 第78昭福丸の船内見学 (2014-09-01 11:54)
 第十八昭福丸体験乗船(^^)/ (2014-04-11 11:47)
 気仙沼 マグロの寄贈&直売会のお知らせ  (2013-12-20 15:33)
 気仙沼漁師カレンダー2014発売! (2013-11-16 13:17)


削除
気仙沼市の建築制限…